キャッシングとは

融資およびキャッシングとは、銀行またはその他の金融機関が、利息(金利)を得る目的で会社、および個人などの資金需要者に金銭を貸し出すことをいう。もちろん 別名、ローンともいう。また、細分化し、個人向けの小額のサービスはキャッシングとも言います。
ちなみに、貸し手側から見ると債権(資産)、借り手側から見ると債務(負債)となり、 また、貸し手側を債権者、借り手側を債務者と言います。

融資が行われる要因

一般的には、借り手は以下のような資金需要が発生した場合に融資を受けることが多いとされています。

使用用途

事業関係
主な使用用途としては、事業の運転資金(売掛金入金までの肩代わりとなる資金需要など) や、事業用の資産(工場、機械設備など)購入、他社の株式購入(M&A含む)とされています。
個人
住宅や自動車、または子息の進学など数百万円以上の高額商品の購入(住宅ローン、カーローン、進学ローンなど)や、 事故や急病、生活費など突発的な理由による一時的な資金の手当て等。
他からの借入を返済するために必要な資金
および、レジャーなど余暇の活用の為の資金とされています。

近年の日本では家具・家電製品やブランド品等の高額な物品の購入は直接現金を融資せずに、一端信販会社やクレジットカード会社が立て替えるショッピングクレジット(個品斡旋)またはクレジットカード(総合斡旋)での分割払いが一般的であるとされています。

また、銀行の場合だと預金などを取りまとめ、資金需要者に対して一定の条件(財政状態、経営の状況、業務内容、信用情報、担保の価値など)で審査を行い、融資として資金を提供する場合があります。尚、大手企業では、予め一定金額までの融資枠を設定する場合もあります。

特殊な融資
劣後ローン(劣後債)

日本では1990年から解禁され、 他の特定の債権又は一般の債権より支払い順位が劣るローンです。これは、融資先が解散したり破綻した時に負債を全て支払い後、資産が残っていれば債務が弁済されます。また、通常よりもリスクが高い為にそれに比例し利子が通常より高くなります。
尚、株式(特に無議決権優先株)に近い性質を持っている為、これは自己資本の一部とみなされます。ショッピング枠とはこれらとは少し違います。詳しくはリンク先を参照して下さい。

2017/1/6 更新